TOEICの勉強をやる気に

TOEICの勉強をやる気にする方法をご紹介します。実際、勉強しろと言われても中々手につかず怠けてしまいがちですよね。管理人もそうでした。しかしいくつかTOEICでの高得点を目指すやる気の出し方があるので、ご紹介していきます。また、全員にこれをやったからといってやる気が出るわけではないので注意!


TOEICへのヤル気を生み出す方法

とりあえずTOEICを申し込む!

とりあえずTOEICを先に申し込めば、急にヤル気が出てきます。それはなぜか?それは、TOEICの受験料は6,615円(うち消費税等315円)と資格試験の中でも高めに設定されているからです。この金額になってくると誰でもモトを取ろうと思いますよね。 しかも、TOEIC試験を受けたことのある人は、以前よりも高いスコアをとるチャンスでもあります。誰だって前回の自分のスコアよりも高い点数を取りたくなるからです。そのおかげでなんとか頑張ろうと思いやる気がでますよね。
ですが、やはり問題点もあります。確かに試験までのヤル気を維持することは出来ると思うのですが、TOEICの勉強計画が短期になりがちです。下手すると一夜漬けなんてことも…。短期計画でやってしまうとよほどの予備校や良い教材をを使わない限り、大きくスコアが伸びることはないでしょう。ここの所は注意が必要になってきます。

目的を明確にする!

目標のスコアをとる目的は人によって違うと思いますが、さて自分の目的は何のためにTOEICを受けているのか? っと、とりあえず3つ上げてみてください。例えば、就職・転職のために必要な試験だからだとか、昇進・昇給のために必要だとか、大学や大学院に入るために必要だとか、海外出張のために必要だとか、自分の英語の能力を実際に確かめてみたいためだとか、留学の条件に入っており、それを満たすために必要だとか、子供に英語を教えるためだとか、英語コンプレックスを克服するためだとか、外国人コンプレックスをなおすためだとか、海外旅行をより楽しむためだとか、簡単に答えただけでもこれほどいろいろ上がってきます。これが多くてより明確であればあるほど、目標のスコアをとるための努力を惜しまずに、苦しい勉強をやり続けられる可能性は高いのです。自分の目標を洗い出し明確にしてがんばりましょう!
(なんとなく受けるという方もいると思いますが、少し目的を見つけてみるとやる気が違ってきますよ)

ライバルとなる友達を見つける!

当たり前といえば当たり前ですが、やはり一人で孤独に勉強するよりも、ライバルや友達がいた方が勉強へのやる気も違ってきます。仲間が多ければ受験勉強そのものがお祭りっぽくなりとても楽しくできますし、自分のスコアと他人のスコアで競うことも出来るので、自分の目標の存在価値も高まります。ライバルや友達に目標スコアや勉強計画を宣言することでヤル気はさらに高まりますので、試してみてください。もし一緒に受ける友達がいない場合は無理やりにでもTOEICへ申し込ませることが出来れば、あとはやるしかないので、一緒に切磋琢磨してくれるでしょう。(無理やり申し込んで友達関係を壊さない程度に)

体験ブログや掲示板をみる!

よくインターネットでTOEICを検索すると、「TOEICで○○点取りました!」とかよく目にしますね。そのような人たちの記事とかを読んでいると、それまでの苦悩や喜びなどが書かれており、やはり勇気づけられます! また、自分と同じようにTOEIC試験に向けてがんばっている人と、掲示板などで意見交換できると励まされますよね。

お金を使って自分を追い込む!

人という生物は、本能的にモトをとろうする欲深い生き物ですよね。その性質をうまく有効利用すると良いのです。
具体的には、新たな良い教材を買ったり、お金を払って予備校や、英会話学校に通ったりすることで自分にお金を使うのです。これほどヤル気を高めてくれる手段はないと思います。そして、それらの手段はけっして安くはありません。自分に良い教材や予備校・英会話学校に通って、お金をかけてきたという思いを持つからこそ、今度のTOEICでは絶対に結果を残してやるっというやる気がでてきます。この場合は、効果も持続しますので、良い結果が得られるでしょう。お金に余裕があれば試してみてください。無駄にはなりませんから。(お金がない人は無理せずに、別の方法でやる気を出しましょう)

check

Last update:2017/6/29